すごい「手書きアプリ」はここまで進化した

殴り書きも読み取って、確実にテキスト化

・Note Alwaysの画面。赤い部分が「選択されたところ」。右手のペンで書き、左手で触って「選んで」編集、という操作ができる。

書いたメモのうち、移動したり色を変えたりしたい部分、要は選択したい部分を、左手の指でなぞってみてもらいたい。すると、そこが「選択状態」になる。選択状態になった線は赤く明るいハイライト表示になるため、あとは好きな場所へ移動させたり、色を変えたり、コピー&ペーストしたりと、自由自在だ。

また、書いている最中に間違った時は、指を三本出して、画面上をこする。これは右手でも左手でもいい。すると、「ペン1ストローク分」がアンドゥされ、間違いが消える。

右手で書きながら左手で「アンドゥ」し、選択や移動もできるとなると、紙のメモとは完全に感覚が違ってきて面白い。しかも、ちょっと説明されれば誰にでも使えるのがスゴイ。

Note AlwaysはiPad ProとApple Pencilに特化した操作性になっていて、右手と左手の使い分けも、「書きながら消しゴムをかける」感覚だと思えばわかりやすい。描線の美しさも、この種のアプリではトップクラスだ。

市場としての競争の結果

ペン搭載機器は増えたが、残念ながら「ペンを使う便利なアプリ」はまだ増えていない。特に、ニーズが明確なグラフィック以外は、選択肢が多くない。ここでは、iPad Proが圧倒的に有利だ。これはハードの性能によるものではない。PCに比べ、iPad上の方が「有料の道具的なアプリを売る」市場として優位にあるからだ。

これからPCもそうなって、アプリ間での競争が起きることを期待したい。少なくとも、iPadからNote AlwaysとMyScript Neboが出てきているのは、そうした「市場としての競争」の結果だと感じる。ハードウエアについては、コストや多様性も含め、Windows PCは決して悪い状態ではない。むしろ、ペンがあたりまえになる方向にある。

だからこそ、その活用のためにも、アプリがどんどん出て、「ああ、こんなに便利なのか」と皆が理解するようになって欲しいのだ。マイクロソフトがWindows 10のAnniversary Update(8月の大幅アップデート)でペン機能を強化したのは、そうした背景がある。

プレタポルテの関連記事
隣は「どうやって文字入力する」人ぞ(西田宗千佳)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(1) つらい現実を超える"想像"の力(茂木健一郎)
風邪は「ひきはじめ」で治す! 葛根湯+ペットボトル温灸の正しい使い方(若林理砂)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT