中小企業の海外リスクをカバー、AIUが新保険

簡単な手続きで多くの国との取引に対応

AIU損害保険は、中堅・中小企業を対象に、海外での事業活動に関わるさまざまなリスクをひとつの保険証券でカバーする賠償責任保険を、4月から発売した。

新商品「WorldRisk(ワールドリスク)」の特徴は、海外での事故に対する補償をパッケージ化するとともに、簡便な申し込み方法を採用したことにある。海外で取引先の設備や物品に傷を付けたり、自社の製品が製造物責任(PL)を問われた場合に賠償費用を補償する。

複数国相手の取引でもひとつの保険でOK

従来、複数の国を相手に取引をする場合、いちいち個別に保険に入らなければリスクをカバーできなかった。AIUが今回発売した新商品では、簡単な告知書に日本語で記入することにより、多くの国(米国とカナダを除く)を対象にしたリスクに対応することができる。

契約が必要な「基本補償」(1事故の支払限度額は1億円)は、①施設や業務の遂行に起因する賠償責任補償、②生産物賠償責任(PL)補償のいずれかで、最低保険料はそれぞれ15万円、35万円。①②とも契約を結んだ場合にはマスコミ対応などにかかった費用を支払う特約が無料でセットされる。

また、基本補償とは別に、海外でのレンタカー事故や労災事故、従業員の不正行為による損害、政治的理由による輸出入許可取り消しの損害をカバーする特約を付けることができる。

次ページ狙いは中小企業の海外進出
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT