中小企業の海外リスクをカバー、AIUが新保険

簡単な手続きで多くの国との取引に対応

あくまで想定例だが、「売上高20億円の電子機器メーカーで、年間の延べ海外出張20回(機器の搬入設置などはなし)、年間の延べ海外レンタカー利用20回、アジア向け輸出3億円」、カバーする補償の範囲を「施設・業務遂行の賠償責任、生産物の賠償責任、レンタカー等の賠償、使用者賠償、従業員の不正行為、政治的理由による輸出不能、海外危機管理対応費用」とした場合、年間の保険料は78万円になる。

中小企業の海外進出にきめ細かく対応する保険を狙う

ここ数年、中堅・中小企業の海外進出が勢いを増しているが、これまで損保会社はきめ細かい対応ができていたとは言いがたかった。

今回、AIUでは日本事業の法人化に際して、新たな商品開発のためのプロジェクトチームを社内に設置。第1弾として生み出されたのが中堅・中小企業向けのWorldRiskだ。

また、姉妹商品として手続きを簡便にした外航貨物海上保険「CargoLITE」も同時に発売した。さらに2013年度の上半期中には、中小企業向け商品の全面刷新とともにiPad上で契約手続きができる仕組みを導入する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。