もはやデスクトップPCを知らない学生が!

世代間ギャップの溝は深い…

ぼへちゃんの会社で研修があるようです。そこで使うPCを準備しなくてはなりません。

ちょうど大学生のインターンの子が会社に来ています。ぼへちゃん、デスクトップPCの用意をその子にお願いしました。

早速研修室に行ったインターン生。ですが、すぐに戻ってきました。何か困っている様子。聞いてみると、用意したデスクトップPCの電源が入らないそうです。

PCが故障しているのでしょうか? 研修の予定日も近づいてきているので、メーカー修理となると間に合いません。社内で余っているPCもそれほどないため、研修に間に合わせるために、至急PCを買い替えないといけないかもしれません。

そんなことを考えながらぼへちゃんが研修室に行って確認してみると、ん? 電源コードが刺さっていません!!そりゃ動くはずもないですよね。

「えっ? バッテリーで動かないんですか?」と驚くインターン生。確かに、最近はノートPCやタブレットなど、バッテリーで動くデバイスが主流。よほど高性能なPCを必要とする仕事でもなければ、デスクトップPCは必要ありません。

家でも会社でもノートPCがほとんどの方も多いのでは? インターンの学生さんも、デバイスの充電の時ぐらいしかコンセントにつながないそうです。フロッピーディスクを知らない新入社員の時と同じようなジェネレーションギャップを感じます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。