日本株がしばらく上昇も下落もしにくい理由

偏見を持たず割り切って投資することが大切

上がるか下がるかわからないように見える株価。だがよく調べれば法則性があることがわかる(写真:tomotomo/PIXTA)

9月26日の日経平均株価は続落して終わりました。9月21日に決定された日本銀行の「金融政策の新しい枠組み」の評価がなお揺れ動いていることによるものだと思われます。21日の日銀の決定後、日経平均株価は315円高になったわけですが、それほどの評価に値するものであったかどうか疑念も生じていると思われます。

金融緩和の限界は明らか、日本株に上昇の余地はある?

日銀の「総括」が外部環境を言いわけにしたものになったこともあり、市場参加者は金融緩和の効果を疑問視し始めたことになります。今後の緩和手段についても限界は明らかで、「マイナス金利の深堀り」しか政策の余地は残されていないことになります。

8月以降株価の底上げは進んでいますが、さらなる株価上昇は期待できるのでしょうか。日経平均のPER(株価収益率、日経平均を1つの会社に見立て、株価を予想1株利益で割ったもの)を基準に、先行きを占ってみたいと思います。 

3月期決算が出そろった5月中旬からは、PERの基準になる1株当たり利益(EPS)は2016年度予想に切り替わります。2016年度予想に切り替わった5月16日から9月21日までのちょうど90営業日の月別・PER別の分布を表にしました。

(月別・PER別分布)
 PER  5月  6月  7月  8月  9月  合計
13倍未満 なし  4   3   なし なし   7
13.00~25 なし   4   4    なし  なし   8
13.25~50なし   5       1          1      なし   7(1)
13.50~75 なし  1   4    4  なし   9(4)
13.75~14  6       6       7        13      4         36(17)
14.00~25 4       1       1         4        2         12(6)
14.25~50 2       1     なし  なし   8          11(8)
 日数       12    22     20       22      14         90(36)
(注)カッコ内は8~9月合計
PER平均 14.03 13.43 13.51 13.83 14.15     13.74

上記からいくつかのことがわかります。6月と7月は英国の国民投票に関する思惑と離脱決定後の混乱で売られ過ぎ、下げ過ぎの状態にありました。PER13倍割れの7日間は明らかに割安であったといえます。6月と7月はPERで13~14倍の範囲に営業日の76%が入っていました。

次ページ「株のプロ」が見るポイントは、ここだ 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT