日本株がしばらく上昇も下落もしにくい理由

偏見を持たず割り切って投資することが大切

 日銀のETF(上場投資信託)購入増額もあり、8月以降株価は底堅くなりましたが、それはPERの水準からも明らかです。合計の欄のカッコ内は8~9月の合計ですが、この2カ月は営業日の9割弱が13.75~14.50倍のPERの範囲内に収まっています。

6~7月の平均PERの13.47倍に対し、8~9月は13.96倍へと約0.5倍かさ上げされています。足元の利益水準からは600円弱株価が底上げされたことになります。

減収減益ではPER拡大は厳しい

9月21日の日経平均株価ベースのPERは14.28倍で、逆算するとEPSは1177円になります。このEPSの水準は2016年度予想をベースに算出するようになってからは最低水準です。上場企業の業績は2015年10~12月期から3四半期連続で減収かつ経常減益が続いています。足元では数%の減収、二ケタの経常減益になっており、7~9月期も同様の状況が予想されます。

株価はEPSとPERの積で表されます。EPSは企業業績の見通しから年内に増加に転じる見通しはありません。株価が上昇するにはもう一つの要素であるPERの拡大に頼る以外にありませんが、売上高が伸びない、経常利益が減少する環境下ではPERの拡大は考えにくいところです。

割安な株価の修正からPERは0.5倍ほど上方にシフトし、現在のPERは13.75~14.50倍の範囲にありますが、ここからのPERの拡大は大きくはないと思われます。業績に増益転換予想が出てくるまでは下値は堅いが上値も重いという展開が続くと予想されます。

7月8日に安値を付けて以降の株価の「天底」の日数を見たのが下表です。

  底   天井   底   天井  底   天井    底   天井
  7/08      7/21      8/03    8/12   8/26     9/06   9/15   ?
   ↑8日  ↓9日 ↑6日 ↓10日 ↑7日    ↓7日

 ここ2カ月半で株価の騰落が3循環起こっています。いずれの騰落の日数も10日以内で終わっています。要は、(土日を入れれば)「2週間が持続の限界」ということになります。

上昇の平均は7日で、下落の平均は9日です。トレンドが出ない相場の典型的な動きで、下値も堅いが、上値も重いという表現になります。ファンダメンタルズに改善の兆しが出るまでは短い周期での上げ・下げが続くと割り切って投資に臨みたいと思います。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT