米ロ、シリア停戦維持の具体策で合意できず

協議は「長く困難で期待はずれ」だった

9月22日、ケリー米国務長官は、シリア情勢をめぐる関係国・国際機関の会合で停戦の維持に向けた具体策についてロシアと合意できなかったと明らかにした。写真はロシアのラブロフ外相(左)とケリー長官(2016年 ロイター/DARREN ORNITZ)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - ケリー米国務長官は22日、国連総会に合わせて開いたシリア情勢をめぐる関係国・国際機関の会合後に、停戦の維持に向けた具体策についてロシアと合意できなかったことを明らかにした。

ケリー氏は米側だけが和平への道筋を模索するのでは解決にならないと強調、ロシア、シリア両政府に責任を果たすよう求めた。

「ロシア側が建設的な提案を持って再協議を求めるのならば、われわれは耳を傾ける」とし、「米国は進展に向け引き続きあらゆる可能性を探る」と述べた。「国際シリア支援グループ」の会合後に語った。

デミストラ国連事務総長特使は同会合後に、協議は「長く困難で期待はずれ」だったと批判。ただ、停戦が崩壊したと断言するのは誤りだと述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT