「GitHub」の働き方革命は何がスゴいのか?

アップル、LINEが採用した「未来の働き方」

GitHubは、オープンソースに対して無料でサービスを提供しており、数多くのプロジェクトを支えている。最近では、アップルがオープンソース化したiPhoneアプリなどを開発するプログラミング言語「Swift」も、GitHubを利用するようになった。

すべての開発者がオープンソースプロジェクトに携わっているわけではないが、GitHubは、プログラミングによりオープンな「会話」を取り入れることに成功した。

複数の人たちでひとつのプログラムを開発するメリットは、お互いの視点でチェックしあえる点だ。これによって、バグやエラーを排除し、より品質の高いプログラムを素早く作り出すことができる。協調プログラミングの醍醐味とも言える。

GitHubで重要な発明は、「プルリクエスト」と呼ばれる、新たな変更部分をチェックしてもらう通知機能だ。前述のとおり、変更箇所が明示され、そのコードを見ながらコミュニケーションを行うことができる仕組みを用意した。

プログラミングとコミュニケーションを融合させたことが、GitHubに大きな価値を作り出した。GitHubのキャッチコピーは「ソーシャル・コーディング(Social Coding)」だ。

オープンソースコミュニティを発展させたGitHubの文化は、より汎用性の高いものだととらえている。仕事を共有し、コミュニケーションを取り合う、つまりコラボレーションを主体としたモダンな働き方は、開発者だけでなく、若い労働者にとっても、大きな共感を呼ぶことになる。

LINEに根付くGitHubのワークフロー

GitHubは前述のとおり、オープンソース開発に対しては、プラットホームを無償で提供している。しかし同社のビジネスモデルは、チームや企業でもGitHubを使いたいという有料ユーザーからの収益だ。

LINE開発1センターLINE開発2室の稲見康宏氏

GitHubの社内での活用事例として登場した企業に、LINEがあった。
月間ユーザー数2億2000万人、100以上のモバイルアプリをリリースするLINEは、2012年にGitHubを導入し、社内でのアプリ開発に活用してきた。LINE開発1センターLINE開発2室の稲見康宏氏は、GitHubのプルリクエスト機能の社内活用に対して、次のように評価している。

「社内の開発のカルチャーにGitHubを取り入れ、仕事のクオリティが高くなり、開発が効率的になりました。韓国にも支社があるため、離れた場所でのコラボレーションが必須だったからです。仕事とはいえ、自分が楽しくやりたいというニーズもあります。GitHubでは、普段の仕事にコミュニケーションが組み込まれており、エモーショナルなやりとりや、和やかな雰囲気を作ることに成功しています」(稲見氏)

社内ではGitHub Enterpriseを利用しているが、社外でも、別のGitHubの領域を使ったコラボレーションを進めているという。アプリの共同開発の局面でも、GitHub上のコラボレーションが“共通言語”となっているそうだ。

次ページブルームバーグでの導入例は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT