世界中に、図書館を建てまくる男

社会起業家、ジョン・ウッド氏に聞く

1晩で1億円を集めることも

――1晩のパーティでどれくらいの資金が集まりますか。

完全にマチマチで、1000ドルの場合もあれば、100万ドルの場合もある。東京でも、昨年のガラでは1晩で1億円を集めた。東京の場合、パーティに必要なもの、たとえばワインやシャンパンなどはすべて業者から寄付を受けていて、費用はかかっていません。そのため、集めた寄付はすべてが現地の活動に使われるようになっています。

――「2020年までに1000万人の子どもに教育を与える」という当初の目標は15年までに達成が見えています。さらなる目標は。

子どもたちが間違った時代、間違った場所に生まれ教育を受けられないという悲劇を、人類史のゴミ箱に投げ込みたい。日本や米国では、当たり前のように教育を受けています。この最大の贈り物を、ルーム・トゥ・リードを通してすべての子どもに与えたい。これが、われわれの究極の目標です。

(撮影:今井 康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。