高級コンデジ、ペンタックスリコーの秘策

スマホに食われ縮小する市場に、“集大成”で臨む

ペンタックスリコーが5月下旬に発売する高級コンパクトデジカメ「GR」

会見に登壇したプロカメラマンの森山大道氏は、「フィルム時代からGRシリーズを使用している。ストリートスナップに最適」とその魅力を語った。

カメラ映像機器工業界の統計によると、カメラ機能の進化したスマホ普及の影響が直撃しているコンデジ市場の2012年度出荷金額は、前年度比22%減。直近の13年2月も前年同月比49%減と底が見えない状況だ。

スマホ対抗には差別化が必要

一昔前なら写真は現像して個人で楽しむぐらいしかなかった。しかし、今は写真を現像せずにアルバムのようにデータ保存したり、メールでやり取りしたり、はたまたフェイスブック(facebook)など、SNS上にアップロードするといった新しい楽しみ方も広がっている。

画質を追求しないのであれば、一定程度のカメラ機能を持ち、メールやネット接続が手軽にできるスマートフォンが1台あれば十分。販売店からは、「高倍率ズーム・手ぶれ補正・高画質といった機能でスマホと差別化しないコンデジは売り場で淘汰されつつある」と指摘する声もあがる。

まさにコンデジ苦難の時代にあって、高画質を誇る高級コンパクトは、スマホとの差別化を狙うカメラメーカーの生命線でもある。

富士フイルムは11年3月に発売した13万円の「FinePix X-100」以降、高価格帯コンデジのXシリーズに力を入れ、ソニーも12年11月にフルサイズセンサーを搭載した25万円のコンデジ「RX-100」を発売し、話題を呼んだ。このように、各社高級コンデジのラインナップを拡充させている。

調査会社BCNの調べによると、国内では3月の高級コンデジの販売金額が前年同月比52%増。(BCNはセンサーサイズ1/1.7以上を高級コンデジと定義)。コンデジ市場での高級コンデジの販売金額の構成比も、約13%まで上がってきている。ペンタックスリコーが新しい「GR」で狙うのは、まさにこの需要。上昇気流に乗ることができるか。火付け役が“集大成”と呼ぶモデルの登場で、デジカメ販売の最前線も盛り上がりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT