高級コンデジ、ペンタックスリコーの秘策

スマホに食われ縮小する市場に、“集大成”で臨む

スマートフォンに需要を食われ、市場縮小に歯止めがかからないコンパクトデジカメ(コンデジ)。苦戦する分野で、一人気を吐くのが高価格帯の高級コンデジだ。この高級コンデジの先駆けとも言われるのがペンタックスリコーイメージングの「GRシリーズ」。2005年に発売された初代「GR DIGITAL」以来、高画質の写真が撮れる高級コンデジとしてプロカメラマンのサブ機のほか、デザイナーなどクリエイター層中心に人気を博している。

そのGRシリーズの新モデルが5月下旬に登場する。

製品名はシンプルに

ペンタックスリコーは4月17日、東京都内で記者会見を開き、「GR」シリーズの新モデルを発表した。製品名はずばり「GR」だ。前モデルの「GR 4」まで数字を付けていたが、新モデルへの移行を機にシンプルにした。

「これまでの技術の集大成とも言えるモデル」。ペンタックスリコーの赤羽昇社長(=タイトル下写真右=)は、自信を見せる。追求したのは、高画質と携帯性の両立だ。

画質については、これまでの1/1.7サイズより大きいAPS-Cサイズのセンサーを搭載。高画質の鍵をにぎるレンズも、焦点距離18.3ミリメートル(35ミリメートル判換算で28ミリメートル)、F値2.8で、「GR史上最高性能」(野口智弘・マーケティング統括部副統括部長)となるレンズを採用した。その一方で、APS-Cセンサー搭載のコンデジで世界最小と、GRシリーズならではの「ポケッタブル」な携帯性も維持している。店頭での販売価格は10万円前後を想定しており、当初の月産は5000台の計画だ。

次ページコンデジ苦難の時代
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 就職四季報プラスワン
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。