苦境のコンパクトデジカメ市場

ニコン“スマホ対抗機”でテコ入れなるか

苦境のコンパクトデジカメ市場、ニコン“スマホ対抗機”でテコ入れなるか

「iPhone5」の登場で一段と活気づくスマートフォン市場。ここ最近の急速なスマホの普及に苦しんでいるのが、コンパクトデジタルカメラである。

民間調査会社のテクノ・システム・リサーチが8月に発表した最新予想によると、2012年度のコンパクトデジカメの総生産台数は前年比16.4%減の9676万台まで落ち込む見通し。一昔前なら写真は現像して個人で楽しむぐらいしかなかったが、今やフェイスブックなどSNS上に画像をアップロードして共有するという新しい楽しみ方も広がっている。一定程度の性能を持ったカメラを搭載したスマホが1台あれば十分、と考えるユーザーも少なくないようだ。

コンパクトデジカメ市場はこのまま縮んでいくのか--。この流れを食い止めようとカメラ大手のニコンが”スマホ対抗機”を投入する。来週9月27日に発売する新型コンパクトデジカメ「クールピクスS800C」だ。

クールピクスS800Cは、無線LAN(Wi−Fi)対応の通信機能を持ち、米グーグル社のOS「アンドロイド2.3」を搭載する。10倍ズームレンズで撮影した高画質な写真をインターネットに接続してツイッターやフェイスブックなどSNSに簡単にアップロードできるのが特長だ。ニコンが展開する写真共有・保存のクラウドサービス「マイ・ピクチャー・タウン」も活用できる。販売価格は4万8000円で、当初は月産2万5000台を計画している。

次ページ初めてのアンドロイドOS
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。