英女王のいとこ、両性愛者であることを告白

英王族で明らかにしたのは初

アイバー・マウントバッテン卿(左)と離婚した妻、2000年撮影(写真:REX FEATURES/アフロ)

[ロンドン 18日 ロイター] - エリザベス英女王のいとこにあたるアイバー・マウントバッテン卿が、英王族としては初めてバイセクシャル(両性愛者)であることを明らかにした。前妻との間に3人の子供がいる。

マウントバッテン卿は、メール・オン・サンデー紙に対し、性別で苦しんだ時期があったが、現在は航空機の客室サービスのディレクターを務めるジェームズ・コイルさんというパートナーを得て幸せだと語った。

卿は「妻には結婚前に自分がバイセクシャルであることを伝えており、彼女は理解してくれた。これからも感謝していく」と述べた。

また「自分の性別に苦しんでおり、現在もある程度苦しい。ここまでたどり着くには長い旅路だった」と話した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。