アマゾン攻勢!「YouTubeに宣戦布告」の勝算

「ビデオダイレクト」が目指しているもの

アマゾンのプライム会員制サービスに参加しているパートナー企業のある人物は、「事前に予測できていなかったが、これまで嬉しい驚きとなっている」と評価しつつ、今後の懸念も示す。「長期的な問題は、『潜在的な契約者がここに何百万人もいるのか、それともニッチな規模にとどまるのか?』ということだ。これはまだ、見極めがついていないように思う」。

ニッチでも勝負できる場所

アマゾンの追加会員制サービスのページでは、多数のパブリッシャーによるコンテンツが紹介されている。ショータイムやスターズといった質の高いケーブルネットワークも並ぶが、これらは実質的に、テレビ用チャンネルで視聴できる番組をそのまま配信している。

しかし、リストの大半は、ニッチなストリーミングサービスが占めている。具体的には、A&EやAMCといったテレビネットワークのほか、チェダーやテイストメイドのようなデジタルパブリッシャーが配信するコンテンツだ。

「HBOやショータイムでない限り、ここで契約者を何百万人も獲得するチャンスがあるとは思えない」と、先述のパートナー企業の人物は語る。「それでも、ニッチなサービスなら、かなりの契約増が見込める」。

大手のテレビネットワークなら、アマゾンのビデオダイレクトは不要かもしれない。だが、こうしたニッチなパブリッシャーにとって、アマゾンの規模が魅力的なのは明らかだ。アマゾンの公称では、プライム・ビデオの会員数は「数千万人」。さらに、多くのコンテンツパートナーは、追加会員制サービスのほうがユーザーに視聴契約を結んでもらいやすいと考えている。新たなログインアカウントを作成したり、決済情報を改めて入力する必要がないからだ。

「アマゾンのプライムビデオは巨大な存在だ」と、TENのCMO、アナスタス氏は認める。「あまりに重要なエコシステムだ。もはや避けては通れない」。

YouTubeクリエイターも勧誘

アマゾンは明らかに、YouTubeコミュニティに関心をもっている。ビデオダイレクトを発表した際、ローンチパートナーとして、マシニマ、スタイルホール、キン・コミュニティ、ヤング・タークスといった、YouTubeにコミュニティーをもつネットワークやクリエイターの名前を挙げているからだ。

ヤング・タークスを除いて、追加会員制サービスでコンテンツを販売しているこれらデジタルパブリッシャーにとって、ビデオダイレクトは二重にありがたい存在かもしれない。YouTubeの広告だけだと、持続可能なメディア事業の構築は難しい。有料会員制は、新たな収入源を得る取り組みとして、大勢が模索している選択肢だ。アマゾンのビデオダイレクトが継続的に売上をもたらすなら、YouTubeコミュニティがこれを無視するのはますます難しくなるだろう。

次ページ「Amazonの重要性は毎月ごとに増してきている」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。