LINE前社長が次に挑む「スマホ動画革命」

森川亮氏が仕掛ける女子向け動画とは?

C Channelの社名は、映像でコミュニケーションするという意味が込められたものだ

まっすぐ相手の目を見つめ、ひとつひとつ丁寧に説明する姿勢は変わらない。だが、その表情は以前よりもはるかに明るく見えた。

国内6200万人のユーザーを誇るメッセンジャーアプリ「LINE」の成長を社長として牽引した森川亮氏。2015年3月にLINEを出澤剛社長に託して、同年4月に自身は動画ベンチャー「C Channel(シーチャンネル)」を立ち上げた。「LINEは通信にイノベーションを起こし、電話の概念を変えた。動画でもイノベーションを起こす」(森川氏)。これが起業の目的だった。

悩みを解決する「ハウトゥ動画」

C Channelはスマホに特化した、若い女性向けの動画メディア。特に「F1層」と呼ばれる、購買意欲の高い20~34歳の女性が中心だ。サービスには多彩な動画が並ぶ。ヘアアレンジ、メイク、ネイルなどのファッションから、上手な「自撮り」の方法、レシピ、旅行など、さまざまな情報を発信する。

画像を拡大
ヘアスタイルからグルメまで、自社サイトで幅広い動画を提供する。自社メディアの集客ではなく、SNSでの拡散を主眼にした「分散型メディア」ではない

動画は30秒から1分程度と短いものが中心で、スマホの形に合わせた縦長のもの。最近人気なのは、食事中のマナーを学べる動画や恋愛のノウハウ、カメラアプリの紹介、着付けなど、女性が抱えるさまざまな疑問を解決するコンテンツだ。

動画の再生回数は今年3月に月間1億回を突破した。再生回数はフェイスブックが最も多く、次に自社メディア、ツイッター、インスタグラム、YouTubeの順だ。日本以外ではタイ、台湾、中国で現地の企業と提携し、サービスを展開している。

次ページ当初は失敗の連続だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。