短尺韓流ドラマは、動画の未来を示している

「ドラマフィーバー」が人気化するワケ

米国の韓流ファンが「ドラマフィーバー」に夢中なる理由とは?(写真 :wavebreakmedia / PIXTA)

「ドラマフィーバー」に夢中

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

米国の韓流ファンは、英語字幕付きで韓流ドラマを楽しめる動画配信サービス「ドラマフィーバー(DramaFever)」に夢中だ。

2009年に創業し、韓国語とスペイン語のコンテンツを配信するドラマフィーバー。同社のユーザーの大半が米国の17〜35歳のミレニアル世代という点を評価し、2014年10月に日本のソフトバンクは、1億ドル(約120億円=WSJ報道)で買収している。

Netflix(ネットフリックス)時代の文化「一気観」が、最近のコンテンツ消費の流行だが、ドラマフィーバーはコンテンツを短尺にし、「一気観」を加速させる戦略を採った。

同社は2015年12月、ライセンスを取得した6本のWebドラマを配信。各作品の1エピソードは10~20分で、韓国のロマンチックドラマ『恋愛細胞2(Love Cells 2)』や、不死身で200年も生きる韓国のポップスターが若い男性と恋に落ちる『彼女は200歳(Never Die)』もそれに含まれている。

次ページ高い視聴完了率を実現した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。