短尺韓流ドラマは、動画の未来を示している

「ドラマフィーバー」が人気化するワケ

米国の韓流ファンが「ドラマフィーバー」に夢中なる理由とは?(写真 :wavebreakmedia / PIXTA)

「ドラマフィーバー」に夢中

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

米国の韓流ファンは、英語字幕付きで韓流ドラマを楽しめる動画配信サービス「ドラマフィーバー(DramaFever)」に夢中だ。

2009年に創業し、韓国語とスペイン語のコンテンツを配信するドラマフィーバー。同社のユーザーの大半が米国の17〜35歳のミレニアル世代という点を評価し、2014年10月に日本のソフトバンクは、1億ドル(約120億円=WSJ報道)で買収している。

Netflix(ネットフリックス)時代の文化「一気観」が、最近のコンテンツ消費の流行だが、ドラマフィーバーはコンテンツを短尺にし、「一気観」を加速させる戦略を採った。

同社は2015年12月、ライセンスを取得した6本のWebドラマを配信。各作品の1エピソードは10~20分で、韓国のロマンチックドラマ『恋愛細胞2(Love Cells 2)』や、不死身で200年も生きる韓国のポップスターが若い男性と恋に落ちる『彼女は200歳(Never Die)』もそれに含まれている。

次ページ高い視聴完了率を実現した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT