短尺韓流ドラマは、動画の未来を示している

「ドラマフィーバー」が人気化するワケ

米国の韓流ファンが「ドラマフィーバー」に夢中なる理由とは?(写真 :wavebreakmedia / PIXTA)

「ドラマフィーバー」に夢中

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

米国の韓流ファンは、英語字幕付きで韓流ドラマを楽しめる動画配信サービス「ドラマフィーバー(DramaFever)」に夢中だ。

2009年に創業し、韓国語とスペイン語のコンテンツを配信するドラマフィーバー。同社のユーザーの大半が米国の17〜35歳のミレニアル世代という点を評価し、2014年10月に日本のソフトバンクは、1億ドル(約120億円=WSJ報道)で買収している。

Netflix(ネットフリックス)時代の文化「一気観」が、最近のコンテンツ消費の流行だが、ドラマフィーバーはコンテンツを短尺にし、「一気観」を加速させる戦略を採った。

同社は2015年12月、ライセンスを取得した6本のWebドラマを配信。各作品の1エピソードは10~20分で、韓国のロマンチックドラマ『恋愛細胞2(Love Cells 2)』や、不死身で200年も生きる韓国のポップスターが若い男性と恋に落ちる『彼女は200歳(Never Die)』もそれに含まれている。

次ページ高い視聴完了率を実現した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。