アマゾン攻勢!「YouTubeに宣戦布告」の勝算

「ビデオダイレクト」が目指しているもの

ヤング・タークスは、追加会員制サービスにはコンテンツを提供していない代わりに、アマゾンのプライムビデオにコンテンツを配信して、その一部を購入やレンタルで視聴可能にしている。ヤング・タークスは、5月に同プラットフォームに進出して以降、膨大な視聴時間を稼いできた。これにより、アマゾンがビデオダイレクトの成績上位パートナーへ毎月配布する100万ドル(約1億円)の分け前にありついている。

「我々のビジネス全体のなかでは、まだアマゾンからの収益は小さい。ただし、アマゾンの重要性は毎月ごとに増してきている」と、ヤング・タークスのCOO、スティーブ・オウ氏は語る(同氏によると、ヤング・タークスは、全プラットフォーム合計で1カ月あたり2億ビューを獲得しているという)。

ライバルが無視できない存在

とはいえ、アマゾンはやはり、テレビネットワークや比較的大きなメディア企業との提携を増やすことを望んでいる。「アマゾンはどんな相手であれ、提携先を求めている。それでも、相手がより大きいほど、より望ましい」と、ある情報筋は話す。「ニッチに走らざるをえなかったのは、多くの(ビデオ・オンデマンドの会員制)サービスがニッチだからだ。この大きなビジネスチャンスを妨げていたのは、(既存のテレビの)配給協定と、ビジネスの売上をアマゾンに渡したくないという考え方だ」。

アマゾンは、より好条件の売上配分を提供することで、大手メディア企業も自らになびくのではないかと期待している。複数の情報筋によると、アマゾンは大手メディアに対し、プライムサービスによる売上の少なくとも70%を分配しているという。だが、小規模のメディア企業とデジタルパブリッシャーは、同様の恩恵を受けることはなく、アマゾンは往々にして、売上の半分を確保している。ある小規模パブリッシャーは、交渉の末に60対40の配分で合意できた、と明かす。

「対等の交渉力を発揮できる超大物でもないかぎり、アマゾンは50対50の分配から切り出す」と、このパブリッシャーは語る。「その割合だと、我々がこのプラットフォームに割り当てる予定のマーケティング支出は確実に制限される。マーケティング予算をどこに使うかを決めるとき、真っ先に向かうのは、売り上げ配分がより良いところだ」。

Sahil Patel (原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
1200万のファンに語りかける Huluソーシャル担当の1日:「Facebookのライブ動画にワクワク!」
アドビ、テレビ事業者へのOTT配信サービスを強化:動画ビジネスの収益化を後押しか
広告評価において「表情分析」という手法は有効なのか?:Apple、Google、Amazonも参入
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT