NYマンハッタン大通りで爆発、29人負傷

当局「テロとの関連は不明」

 9月17日、米ニューヨーク・マンハッタンのチェルシー地区の大通りで、大きな爆発が起き、少なくとも29人が負傷。写真はニューヨーク州のウェストチェスター・カウンティー空港で、爆発について記者団に語る民主党大統領候補のヒラリー・クリントン氏(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米ニューヨーク・マンハッタンのチェルシー地区の大通りで17日夜、大きな爆発が起き、少なくとも29人が負傷した。当局は爆発の原因を捜査中だが、現時点でテロ組織との関連を示すものは見つかっていないという。

ニューヨークのデブラシオ市長は会見で、爆発は「意図的なものだった」との見方を示し、本格的な捜査が進められていると明らかにした。

ただ、同市に対する「確かで具体的な脅威」を示す証拠はないとし、「(現時点で)テロとの関連は分かっていない」と語った。

当局筋は、初期捜査の段階で爆発が大型のごみ容器で起きたことが示されたが、原因はまだ特定されていないとしている。

ニューヨーク市警察の特殊部隊責任者はツイッターで、同じような場所に「2つ目の(爆発)装置が仕掛けられている可能性がある」と指摘した。

CNNは当局の話として、爆発が即席の爆破装置によって起きたとの見解を伝えている。

これに先立ち、米ニュージャージー州でも17日、この日予定されていたマラソン大会のコース脇でパイプ爆弾が爆発する事件が起きた。負傷者はいなかった。当局はテロの可能性があるとみて調べている。

当局によると、ゴミ箱に仕掛けられた爆弾が爆発したのは米東部時間午前9時半ごろ。付近に人はおらず、けが人は出なかったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT