25歳若妻が嘆く外銀エリートとの結婚の不満

東京カレンダー「新・婚活事情」<2>

周囲もうらやむ相手だったのに・・・
東京都内のハイスペックに属する男女たち。大都会東京で生き抜く彼らの恋愛感、そして結婚観は、一体どのようなものなのだろうか?
人生を左右すると言っても過言ではない、結婚という制度。特に都会では、そんな結婚に対するハードルが年々高くなっている。一筋縄ではいかない、現代の婚活。他人から見れば羨ましい限りの人生を送る都会人の、結婚に対する価値観、その裏に潜む闇、リアルな実情を覗きたくはないだろうか?
東京砂漠の婚活市場最前線に迫った東京カレンダーの人気連載をご紹介する。

外資系エリートと結婚した若妻の不満とは?

美奈子、今年25歳、専業主婦です。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

結婚して、1年ちょっと過ぎました。友人や家族からは、若いうちに素敵な人と結婚できて良かったねって、よく言われます。

でも私、実は、結婚したこと後悔してるんです。聞いてもらえますか?

うちの夫、最悪なんです。年は2つ上の27歳で、外資系投資銀行のIBDという部署で働いています。いろいろ不満はあるのですが、何よりも理解ができないのは、彼、とにかく家に帰って来ないんです。

平日の帰宅時間の平均は、夜中の1時ですよ。22時に帰宅できたらかなり早い方で、3時4時が続く事もしょっちゅう。朝は8時過ぎくらいに家を出るので、普通に、労働基準法を違反してると思いませんか?

忙しい仕事だとは聞いてましたけど、それにしても、結婚したんだし、上司か誰かに相談してもう少し早く帰れるように交渉するとか、できないんでしょうか。

私がそうやって問い詰めたり、帰りが遅いので何度も電話したりすると、すぐ怒って無口になるんです。もう少しマメに連絡くれたり説明をしてくれれば、私だってうるさく言わなくて済むのに。

私は心配してるだけなのに、夫は「仕事なんだから仕方ないだろ」の一点張り。それで、毎日のようにケンカになります。

次ページ家出しちゃったことも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT