次世代水素カー、“3分充填”のカラクリ

決め手はバルブ、国内最大手の技術力とは

燃料電池車はわずか3分で水素満タンにでき、利便性抜群だ

次世代エコカーの本命と目される燃料電池車(FCV)の市販化が2年後に迫っている。トヨタ自動車、ホンダは2015年にも量産車を市場投入する見通しだ。

FCVはタンクに積んだ水素と空気中の酸素から化学反応で電気を作り、モーターで走る、電気自動車(EV)の一種だ。排出するのは水のみで、環境汚染物質をいっさい出さないため、「究極のエコカー」とも呼ばれる。ガソリン車並みの3分で水素をフル充填でき、水素満タン状態での航続距離も500~800キロメートルと200キロメートル程度のEVに比べて長い。

水素ステーションの設置が進む

FCVの普及に向けては、ガソリン車のガソリンスタンドに相当する水素ステーションの整備が欠かせない。FCVは航続距離が長いとはいっても、全国に水素供給拠点のネットワークがないと、消費者は購入を躊躇してしまう。そこで、石油会社などは今年から15年にかけ、国内の都市部を中心に水素ステーションを100カ所程度建設する計画だ。

本格的なFCV時代の到来に向け、商機を狙う企業が動き出している。バルブ国内最大手のキッツ(本社・千葉市美浜区)もその1社だ。キッツはFCVに水素を供給する水素ステーション向けのバルブを国内で初めて開発した。

キッツのバルブがなかったら、3分という水素充填時間は実現できなかったかもしれない。水素ステーション1基には、水素の通り道を開閉するために50~70個のバルブが使われる。FCVに充填する700気圧という「前代未聞の超高圧」(FCV関係者)の水素を高速で通すには並みならぬ技術力が必要で、水素ステーション用のバルブは、従来、外資メーカーによる寡占状態だった。

次ページ外資対抗の秘策とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT