東急の大開発で若者の街シブヤはこう変わる

100年に1度の再開発、苦悩するIT企業

渋谷駅は、周囲を道玄坂、宮益坂、桜丘など、坂や丘の地名に囲まれているが、それもこれも渋谷駅が谷の底にあたるためだ。そのため、渋谷駅で4階レベルの歩行者デッキは、そのまま「渋谷マークシティ」のある道玄坂や、住宅が整備される桜丘口地区までフラットに伸ばすことが検討されている。

他方、その下に広がる若者向けの渋谷とは、いま広がっている渋谷の街そのもの。地上レベルでは、2026年度までにハチ公広場やスクランブル交差点を含む駅前広場が整備される予定だが、ゲリラライブが繰り広げられ、DJポリスが活躍する渋谷の活気は継続させることを目指す。 

電車の乗り換えは縦の動線で改善

画像を拡大
渋谷駅再開発後の構内動線改良イメージ。乗り換えを縦移動で実現する(画像提供:東京急行電鉄)

電車乗り換えのわかりにくさ、不便さの解消も、再開発の重要なポイントとなる。JR渋谷駅の1日当たり乗車人員は37万人で、76万人の新宿駅、55万人の池袋駅に大きく水をあけられている(2015年度)。

東急電鉄によれば、2019年にはJR線―東急東横線(東京メトロ副都心線)間の乗り換え所要時間が、現在の3分半から、2分にほぼ半減するという。両改札は上下階を結ぶエスカレーター1本でつながる。

渋谷駅再開発において、動線改良のカギと位置付けられているのが、こうした縦方向の動線だ。そのためにも、地下鉄銀座線ホームは東へ130メートル、埼京線ホームは北へ350メートル移設することで、乗り換え客は主にエスカレーターやエレベーターの縦移動によって、他の路線へ移動できるようになるという。こうした縦動線は「アーバンコア」と呼ばれ、乗り換えに限らず、上下に伸びる渋谷の都市空間をつなぐ役目を果たす。

実際のところ、その利便性の改善度合いは使ってみるまではわからないが、職住遊近接の都市が実現し、交通利便性が高まって来街者が増えれば、渋谷の都市力はいっそう高まることだろう。100年に1度といわれる一大再開発が進む渋谷駅周辺は、いったいどんな姿になるのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。