ベトナムの超優良電力会社に投資する

日本の公益系企業を上回る、「異次元」の営業利益率

日本では、この新興国にも至らないカテゴリである「フロンティア」が根付いていないため、ベトナムも新興国として扱われがちですが、同じ新興国のカテゴリの中にもさまざまな国があることを認識しておかなければなりません。そもそも、新興国の代名詞ともなったBRICSという単語もかなり乱暴なまとめかたです。

ブラジルやロシアは2011年時点で1人当たりGDPが約1万3000ドルとベトナムの10倍近くもあり、サービス業に成長の原動力が移行してくる中進国です。一方、インドの1人当たりGDPは約1500ドルとベトナムとほぼ変わらない水準です。

ベトナムは1次産業やインフラ、公共関連銘柄を狙え

これまでも解説してきたように、1人当たりのGDPが300ドルを下回る国に投資する際には、個人消費の本格的な立ち上がりにもまだまだ時間がかかるでしょうから、より確実に需要増加が見込める1次産業やインフラ関連、電力・ガスといったユーティリティを中心に検討していくことをオススメします。

これまでオススメしてきた個別銘柄のように、本来であれば自分の目で商品・サービスを確認できるBtoC企業から投資先を選定したいところですが、GDP3000ドル以下の国では、自国の個人消費市場が未成熟ですから、今後の市場変動が大きく将来予測が困難なため、上記のような業種を優先すべきと考えています。

ベトナムのインフラ関連やユーティリティ企業の多くは政府系企業です。今後、効率性のアップのために政府系企業の民営化も進んでいくようですが、現時点で投資できる企業は少なくなっています。

そのような中、本日紹介するビンソン・ソンヒン・ハイドロパワー社は電力企業としては業界10位程度の中堅企業ですが、上場しておりSBI証券を通じて取引できます。

次ページ日本の電力会社とは違う、異次元の収益力
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT