ホンダ「新型フリード」はどう進化したのか

初のフルモデルチェンジを最速で徹底解剖

基本はガソリン車の2WDとなっているものの、助手席リフトアップ以外はハイブリッド車も選べ、サイドリフトアップはガソリン4WDも選べるようになっている。

「フリード」インパネ

新型フリードの開発コンセプトは「いつでも、どこでも、だれでも 7days Wonderful Mobility」だ。この中の「どこでも」がハイブリッド4WD、「だれでも」が多彩な福祉車両の設定に結び付いているようだ。

福祉車両以外の仕様は、3列シートのフリードが2列目キャプテンシートの6人乗りとベンチシートの7人乗りを用意し、フリード+は2列シート5人乗りに限られる。でもフリードとフリード+で共通部分はほとんどない。

荷室の作りの違い

「フリード」インテリア

インテリアのカラーコーディネイトは、フリードはベージュやブラウンを基調として暖かさ、フリード+はブラック基調でツール感覚を強調している。2列目シートの折り畳みは、フリードはベンチシートのみ格納可能で、背もたれを前に倒したあと全体を跳ね上げる方式。しかしフリード+は座面を前に跳ね上げたあと背もたれを前に倒すタイプと、作り分けている。

これは荷室の作りの違いと関係がある。フリードが快適に過ごせる3列シートを重視しているのに対し、フリード+は使いやすい後部空間が大切になる。よってリアゲートを違えていることは前に書いた。当然ながら開口部の高さも異なり、フリードの480mmに対しフリード+はわずか335mmになる。

「フリード+」ユーティリティボード

フリード+では、この上に耐荷重200kgのユーティリティボードを設置することで、ボードの下に荷物を収め、上で2人が車中泊できるライフスタイルを提案しているのだ。このために後席の折り畳み方を変えている。

「フリード」1・2列目フラットモード

室内空間そのものも広くなっている、新型のホイールベースは2740mmで、旧型と同じだが、前席と3列目のヒップポイントの間は90mm長くなり、2列目のシートスライドは 120mm伸ばされ、360mmにも達している。おかげで3列シートのフリードでは、1・2列目を使ったフラットモードと、2・3列目を使ったフラットモードの両方が可能となった。さらに前席の間を50mm広げたことで、ウォークスルーもしやすくなったという。

次ページエンジニアが力を入れたのは
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT