ビールシェア4位、サッポロの起死回生策 サッポロビール 尾賀真城新社長に聞く

拡大
縮小

昨年末、セブン&アイホールディングスと共同開発したPBビールを新発売(撮影:尾形文繁)

2008年、サントリー酒類に抜かれて以来、ビール類のシェア4位に甘んじるサッポロビール。12年には、業界では禁じ手とされているPB(プライベートブランド)ビールを発売した。新社長はいかに起死回生を図るのか。

──サッポロは大手ビールメーカーで最下位の4位に沈んでいます。

3位のサントリーの好調さは肌で感じているが、ライバルに対して変に気負わないほうがいい。ただ、シェアは顧客の支持の表れ。狭いエリア、小規模の商品でナンバーワンを取ることから始める。

おが・まさき●1958年生まれ、54歳。ビール大手のトップで最年少。82年、慶応義塾大学法学部卒業後、サッポロビール(現サッポロホールディングス)に入社し、営業やマーケティングを担当。東京、大阪、北海道など主要地域で経験を積み、2009年執行役員に。3月21日から現職。

──サントリーの「プレミアムモルツ」が好調の一方、「エビス」は苦戦しています。

数字を見れば売り負けたともいえるが、悲観はしていない。エビスは正月、お盆などの晴れの席や贈答用に強い。ただ昨年は、そうした売れる時期に、製品が店頭に十分に並ぶよう商談し、広告が効果的に流れたかといえば反省が残る。ブランド強化のため、開発から広告、売り場作りまで一貫した戦略を取る。そうすれば、よりうまくいくはずだ。

──昨年、セブン&アイ・ホールディングスと共同開発したPBビールを投入しました。自社ブランドを侵食する懸念はありませんか。

13年、PBビールは伸びるが、主力になることはありえない。ほかの小売りチェーンと組むつもりもない。メインはあくまで自社ブランドだ。

──とはいえ、消費者の低価格志向が根強いのは明らかです。

イオンの韓国製新ジャンルビールのように低価格(350ミリリットル88円)で人気のPBはある。だが、サッポロのPBは198円、主力の「黒ラベル」との価格差も1割だけで安さを武器にはしていない。価格重視の消費者にはPBではなく、新ジャンルを売り込んでいく。

次ページサッポロが抱える課題とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT