ビールシェア4位、サッポロの起死回生策

サッポロビール 尾賀真城新社長に聞く

──12年まで国内ビール市場は16年連続で縮小しました。

少子高齢化で需要の減少は続く。消費増税で販売単価が上がれば、一層厳しくなる。国内酒類市場はビールが半分を占めるが、残りはチューハイ、ワインなどビール以外。顧客との接点はビールでなくてもいい。

次の商売のネタも考えている。酒に関連した市場は大きい。たとえば、ハウス食品の「ウコンの力」のような飲酒前に取る飲料もいいだろう。新たに開拓できる分野はまだある。

──10年後、サッポロが今と違う姿になっている可能性もあります。

新たな製品が売れれば、それでもいいと思っている。

──サッポロが抱える課題とは。

社員は皆、一生懸命働いているが、部署内だけの内向きの論理で動くことがあるのも事実。企業の生死を握っているのは顧客。現場の声が大事だ。社内構造の変革に取り組む。

──寺坂史明前社長は、尾賀新社長には10年計画で経験を積ませ、社長に任命したと言っていました。

社長になりたい、ということはなかったが、この会社をよくするためにはどうしたらよいか考えてきた。業績やシェアなどで結果を出せなければ、社長交代すればいい。そのくらいの覚悟はある。まずは中期経営計画の16年に向けてやっていく。

(撮影:尾形文繁、谷川真紀子=週刊東洋経済2013年4月6日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT