夢の抗がん剤「オプジーボ」への期待と不安

臨床試験は失敗、年3500万円の高額に批判も

治験の失敗は短期的な業績悪化に直結しないが、現時点で見込まれる将来の期待売上高は減る。クレディ・スイス証券の酒井文義アナリストは「オプジーボの今の薬価で年間3000億~5000億円と考えられる、未治療の非小細胞肺がんの国内市場を、後発となる米メルクの『キートルーダ』に奪われる可能性がある」と見ている。

ただ、今回の結果で、オプジーボの有効性自体が否定されたわけではない。未治療肺がん向けでは、BMSが引き続き、オプジーボ単剤やほかの薬剤との併用療法の治験を進めている。小野薬品とBMSは、胃がんや食道がんなどでも治験を行っている。ほかの治験で良好な結果が得られれば、挽回の芽はある。

オプジーボの薬剤費は年3500万円にも

むしろ、短期的に業績に影響を与えそうな下押し要因は、薬価引き下げのほうだ。肺がんの場合、体重60キログラムの患者のオプジーボの薬剤費は年間約3500万円にもなる。当初の適応症が、患者数の少ない悪性黒色腫だったため、高い薬価がついた。薬剤費の大半は税金や保険料で賄われており、医療財政への莫大な負担が懸念される。

当記事は「週刊東洋経済」9月10日号 <9月5日発売>からの転載記事です

国が決める薬価は2年に1回の薬価改定で引き下げられる。次回は2018年度だが、オプジーボについては特例として、それ以前の期中改定も議論されている。さらには今年4月に試行的に導入された、「費用対効果評価」の対象にもなった。効果に対して割高と判断されれば、2018年度にも価格が引き下げられる。

小野薬品はオプジーボを投与できる医療施設と医師の要件を定めている。が、これとは別に、国も高額薬剤の適正使用のための指針作り、いわば“使用規制”に動き始めた。

がん免疫薬というジャンルが立ち上がってまだ2年。国も製薬会社も手探り状態だ。数々の事情に翻弄されるのは、先駆者であるオプジーボの宿命なのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT