サムスン、ギャラクシーノート7出荷遅れ 「品質テストのため」

「品質テストのため」

 8月31日、韓国のサムスン電子は、新型の大画面スマートフォン「ギャラクシーノート7」(写真)の出荷が遅れていることを明らかにした。品質に関する追加的なテストを行っているためとしている。11日ソウルで撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 31日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は31日、新型の大画面スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の出荷が遅れていることを明らかにした。品質に関する追加的なテストを行っているためとしている。

国内の3大通信会社への出荷を中断していることも明らかにした。テストしている問題の詳細は明らかにしておらず、国外への出荷に影響するかにも言及していない。

地元メディアは「ギャラクシーノート7」の一部ユーザーがバッテリーの破裂を報告した、と伝えていた。

現代証券は1日のリポートで、モジュールか部品関連の問題だとしたうえで、不具合はすぐに解消されるとの見通しを示した。現代証券は第3・四半期の営業利益予想を8兆5000億ウォンで据え置いた。

国内の3大通信会社への出荷再開時期は今のところ明らかになっていない。

*カテゴリーと内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。