サムスン、ギャラクシーノート7出荷遅れ 「品質テストのため」

「品質テストのため」

 8月31日、韓国のサムスン電子は、新型の大画面スマートフォン「ギャラクシーノート7」(写真)の出荷が遅れていることを明らかにした。品質に関する追加的なテストを行っているためとしている。11日ソウルで撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 31日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は31日、新型の大画面スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の出荷が遅れていることを明らかにした。品質に関する追加的なテストを行っているためとしている。

国内の3大通信会社への出荷を中断していることも明らかにした。テストしている問題の詳細は明らかにしておらず、国外への出荷に影響するかにも言及していない。

地元メディアは「ギャラクシーノート7」の一部ユーザーがバッテリーの破裂を報告した、と伝えていた。

現代証券は1日のリポートで、モジュールか部品関連の問題だとしたうえで、不具合はすぐに解消されるとの見通しを示した。現代証券は第3・四半期の営業利益予想を8兆5000億ウォンで据え置いた。

国内の3大通信会社への出荷再開時期は今のところ明らかになっていない。

*カテゴリーと内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。