ビジネスパーソンのための最新スマホ活用術

スマホなら何でもデキる!

「スマートフォンなんて必要ない」──。従来型の折り畳み式携帯電話ユーザーの中には、そう思っている人が少なからずいるのではないだろうか。

だが、スマホに買い替えなければならない時代が確実にやってくる。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが発売した2012年冬モデルの合計32機種のうち、従来型携帯電話はわずかに6機種だった。ドコモの13年春モデルに至っては1機種もない。

携帯各社の戦略は明確だ。音声通話の収入が減り続ける中、スマホの販売を強化し、データ通信による収入を拡大しようとしている。携帯電話の売り場で、従来型携帯電話は隅に追いやられている。ユーザーはもうスマホから目を背けることができないのだ。

野村総合研究所によると今年3月末のスマホ利用者は全携帯契約者のうち4割近くになる見通し。今後も間違いなく、スマホの普及が進む。

もちろん、スマホシフトは悪いことではない。携帯各社が力を入れているだけあって、スマホを使う環境は劇的に改善している。

以前は機種によって性能にかなり差があったが、最新の端末は高性能のプロセッサーを搭載し、どのメーカーでもサクサク動く。昨年9月のアイフォーン5の発売をきっかけに、KDDIとソフトバンクが高速通信LTEサービスを開始。ドコモは2010年に「Xi(クロッシィ)」ブランドでLTEを開始しており、ネットを利用する際にストレスの少ない通信環境も整ってきた。

次ページSNS、ゲームだけではもったいない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。