「東京駅のプロ」が薦める手土産はコレだ

駅ナカを熟知した達人たちが選ぶ

東京駅「お土産どころ」をご紹介!(写真 :gandhi / PIXTA)
1日80万人を超える人が利用する東京駅。改札内外ににはさまざまな商業施設がオープンし、駅そのものが都内屈指の観光スポットに。そこで、東京駅を熟知したプロのみなさんに聞いた、絶対訪れたい「お土産どころ」をご紹介。

ミートパイだけでなく、アップルパイも絶品

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

■甘さひかえめのアップルパイもオススメ

神戸牛のミートパイでは、定番のミートパイだけでなく、アップルパイ(税込み313円)も隠れた銘菓だとか。

「すっきりとしたりんごの甘さが絶品。男性にもオススメです」(鉄道会館・森下さん)

【神戸牛のミートパイ】
バームクーヘンで有名なユーハイム元町本店で親しまれてきた神戸牛のミートパイをメインに扱う専門店。人気No.1のミートパイ(税込み388円)や、グランスタ店限定のいわて牛のミートパイ(税込み280円)をお土産に。
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階 グランスタ

■フランスの石畳をイメージしたスイーツ

 駅構内のベーカリー、ブルディガラエクスプレスの東京パヴェは、フランスの石畳をイメージしたデニッシュメロンパン。

「夏はほどよい酸味を感じるベリーがオススメ」(森下さん)。人気フレーバーは売り切れる可能性も。

【ブルディガラエクスプレス】
東京駅構内にあるブルディガラエクスプレスの東京パヴェ(全10種/各税込み220円)は東京駅限定のデニッシュメロンパン。フランスの石畳をイメージして作られ、豊富なフレーバーとカラフルなクッキー生地がとっても可愛い♪
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階 グランスタ
次ページ車内販売のアイスも人気
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。