はとバス「新型2階建て」、欧州製使用の狙い

8000万円で共同開発、25日から運行開始

はとバスが導入した新型の2階建てバス「アストロメガ」

一般の乗用車やバスとは違った、高い視点からの眺めが楽しめる2階建てバス。観光バスや高速バスとして人気の高い「バスの花形」というイメージがあるが、実は現在、国内の自動車メーカーは2階建てバスの製造を中止している。

そんな中、東京都内を走る観光バスとしておなじみの「はとバス」は4月25日から、新型2階建てバス「アストロメガ」の運行を始める。国内で2階建てバスが製造されていないことから、新車はもちろん「外車」。トラックやバス、船舶用エンジンなどで世界的に知られるスウェーデンのメーカー、スカニア社とベルギーのバスメーカーであるバンホール社、そして、はとバスが共同で開発した。

バスに「外車」が少ないワケ

乗用車では外車は珍しくないが、バスは海外からの輸入車両は決して多くない。主な理由は、車体の寸法などに関する基準の違いだ。ヨーロッパ製のバスは車体幅が日本のバスよりもやや広く、長さも国内の基準より長い場合が多いため、そのままでは運行に特別な許可が必要になる。

また、海外製の場合は国産と比べ、部品の入手などアフターサービスやメンテナンスの点でも不利になりやすい。はとバスでもこれまでに海外製の車両を何台か導入しているが「部品の調達など、修理に時間がかかっていた」という。

国産車の製造がストップして以降、2階建てバスの導入は困難になってしまった。だが、観光客からの2階建てバスの人気は高い。今後も運行を続けるためにはどうすればいいか。そこで、はとバスが導入に踏み切ったのが、今回のアストロメガだ。

次ページやっぱり人気の2階建てバス
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT