「百貨店」の常識が変わるとき

培ってきた資産は、常識を作ると同時に足枷になるのかもしれない

仕入れ機能を失う過程で新たに身につけた力

挑戦的に展開された銀座松坂屋だが、建て替えに伴う今年中の閉館が発表された(撮影:尾形文繁)

一方で、これまでの百貨店とは異なる方向性を模索しているといわれるのが大丸松坂屋だ。

大丸は、この数年で矢継ぎ早の企業買収を進めている。松坂屋と合併、最近ではパルコを買収した。さらに脱百貨店が標榜され、大丸梅田店にはポケモンセンターや東急ハンズ、銀座松坂屋にはラオックスやフォーエバー21が大規模に展開された。

大丸松坂屋は、仕入れ機能を失う過程で新たに身につけた、テナントを選別し運営する力を積極的に生かそうとしている。安易に人気の高いテナントを選ぶだけではない。そこには新しいノウハウがあったはずだというわけだ。

同じ現実に直面しながら、それぞれ方針が異なっているように見えるのは興味深い。きっと、どちらも新しい可能性を切り開いていくのだろう。そう思うのは、双方が、百貨店とは何であるのかを自らに問い直し、その中に活路を見いだそうとしているからだ。

とはいえ、個人的により興味深いのは、現状の批判をむしろ可能性として捉え直そうという大丸松坂屋である。大胆な発想の転換だ。

例え話を一つ。

裸足で歩くことが当たり前の社会で、靴を売ることはできるか?

とはマーケティングの世界でよく知られた問いだ。あるセールスマンは、そもそも裸足で歩くことが前提の社会で靴を売るのは無理だから、ほかを当たろうと考える。しかし、別のあるセールスマンは、誰も靴を持っていないのだから、苦労はあるだろうが、そこにはとても大きな市場があると考える。

どちらが正しいというわけではないのだが、話としては後者のほうが面白い。より魅力的に感じるのは、後者に二つの含蓄があるからだ。

一つは、常識にとらわれてはならないということであり、もう一つは、その常識に対する姿勢を変えることができれば、まったく新しいチャンスが見えてくるということだ。

次ページそれを百貨店に当てはめると?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。