ポケGO大ヒットの裏で進む「もう1つの異変」 「インディーゲーム」の凄まじい可能性

印刷
A
A

ただし、インディーゲームも華々しい側面だけでは、なくなってきました。海外ではインディーといえども開発規模が大きくなってしまったために、リスクも大きくなり、一般的なゲーム開発会社と同じジレンマを抱えることとなったゲームプロジェクトも少なくありません。

また、クラウドファンディングでは、完成したゲームのクオリティが低かったり、そもそもゲームが完成しなかったりと、インディーゲームと投資におけるリスクの問題が浮き彫りになってきました。国内のインディーゲーム開発においては、資金確保と技術者の人材確保が大きな課題となっています。

これからのインディーゲーム

では、これからのインディーゲーム開発は、どのように見ていけばよいのでしょうか? そのヒントとなるのが、社内キックスタート型のインディーゲーム開発です。

たとえば、TV番組や企業VP(Video Package)、イベント用CGなどの製作を手がけるParkgraphics社は、社内キックスタートによってスマートフォン用ゲーム『ひよこまみれ』を開発しました。コアメンバーは4名。これまでのシリーズ累計ダウンロード数は450万本と大ヒットを記録。直近では、筆者が所属するUnity Technologies Japanも協力して、Newニンテンドー3DS版を発売しました。

Newニンテンドー3DS 「ひよこまみれ」© Parkgraphics Co.,Ltd. All Rights Reserved.
公式サイト http://parkgraphics.sakura.ne.jp/web/hiyokomamire3ds/

発売日5日目にして、ニンテンドーeショップ ダウンロード専用ソフト 人気ランキング8位を記録しています。

このゲームのポイントは、かわいい「ひよこ」キャラと、女性と子どもをターゲットにした「難しすぎない・気軽に遊べるゲームデザイン」です。また、Miiverseと呼ばれる任天堂のコミュニティサイトや、FacebookやTwitterなどのSNSに写真を投稿できる機能を持っており、「自分が見つけたかわいい瞬間」をコミュニティで共有できるようになっています。

成功するゲームには、「ルック(人を魅了する見た目)」「ゲームデザイン(おもしろがらせる設計)」「ゲームメカニクス(ゲームを成立させる構造と技術)」の最低3要素が成立している必要があります。『ひよこまみれ』には、この3要素のほかに、思わず自分がプレイしたことを他人に話したくなる「バイラル性」があり、これらがコンテンツとしての「商品力」となってユーザーの人気を獲得しているのです。

上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

現在、インディーゲームは成長期から成熟期へと向かおうとしています。インディーゲームの数も多くなっており、人によっては混迷しているように見えるかもしれません。しかし、このような時期では、ご紹介したような3要素+α要素を持つコンテンツが、しっかりと足場を整え成長していくでしょう。

さらに、現在話題となっている仮想現実で遊べる「VR(Virtual Reality)」や、Pokémon GOのような現実世界を拡張する「AR(Augmented Reality)」「MR(Mixed Reality)」の登場によって、「自由」を源にゲームを開発するインディーゲームの可能性はまだまだ広がります。今後もインディーゲーム市場からは目が離せません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT