ケンウッド・ビクター 経営統合の前途多難

ケンウッド・ビクター 経営統合の前途多難

ケンウッドと日本ビクターが10月に経営統合する。共同持ち株会社を設立し、両ブランドは残したまま、カーナビゲーションなど車載機器と通信機器を主軸に成長を図る。2010年度の営業利益目標は、現状の4倍となる390億円を掲げた。

最大の課題は、ビクターが抱える液晶テレビなどディスプレー事業の再建だ。競争激化で製品価格は年間2割以上も下落し、07年度の同事業は100億円強の赤字に陥ったようだ。経営計画では海外工場閉鎖や不採算の国内出荷の大幅な絞り込みを前提に収支均衡圏を目指す。だが、台数減はブランド力衰退を招きかねない諸刃の剣である。

新会社の会長に就く河原春郎・ケンウッド会長は、東芝、外資ファンドを経てケンウッドの債務超過解消を成し遂げ、企業再生の手腕を発揮してきた。「統合をオーディオメーカーの成功モデルとし、(ビクターに続く)第3、第4の勢力を巻き込みたい」と意気込む。新会社が業界の台風の目となるかは、ディスプレー再建の進捗次第だ。

(杉本りうこ 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。