トヨタ、EVへの割り切り

2人乗りコンセプトカーが狙う用途

電気自動車(EV)は特定用途のニッチ商品――そんなトヨタ自動車のEVに対する割り切りを示したコンセプトカーが登場した。

トヨタは、3月5日からスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショーで、超小型EV「TOYOTA i-ROAD」を出展する。i-ROADは前後2人乗りの三輪車で、車幅はわずか85cmとスリム。リチウムイオン電池を搭載して、満充電での航続距離は50km(30km/h走行時)だ。大きな特徴は、旋回時に左右の前輪がずれて、バイクのように傾いて走行することだ。

都市市街地の短距離走行を想定

EVならではの静かさや環境性能、超小型という特徴により、都市市街地での短距離走行用途を想定する。

トヨタは、フランス・グルノーブル市など共同して、このi-ROADをベースに開発した車両と、傘下のトヨタ車体がすでに販売している超小型電気自動車「COMS」を用いて、同市でのカーシェアリング実証実験も行う予定だ。2014年末に開始する実証実験では、駅と中心市街地に専用駐車場を設けて、数km程度の移動手段としての有効性を検証する。

次ページEV開発に取り組む、トヨタの真意は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT