2013年版「有給休暇取得率」トップ300 ホンダが2年連続トップ、業種では電気・ガスが首位

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

251~300位にはメガバンクの2グループが入った。直近3年で取得日数を上げてきて、三井住友を上回ったのがみずほフィナンシャルグループ。最新の取得率は61.3%まで上昇していた。なお、三菱UFJは、最新の取得率が56.2%と悪くなかったが、3年平均では届かず、300位以下となった。

また、総合商社で唯一ランクインしたのが三井物産。取得率57%で276位に入った。ちなみに三菱商事の最新の数値は53.6%。3年で水準を上げていた。伊藤忠商事の最新は51.7%。意外にも横並びの結果となった。

次ページ休暇が取りにくい業種の悩み
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT