日本の明るい未来を作るのは14歳の君たちだ

なんだってできる!未来を自分で切り拓こう

瀧本:自分の王道とはちょっとずれたことを混ぜてみる。それが後で役に立つ。

木本:45歳の僕でも、これからできることです。

瀧本:そうなんですよ。『ミライの授業』は14歳をターゲットにしましたが、実際にはその親世代とか、60歳を超える方から「感動しました。これから僕の人生変えていきます」という感想が届いています。

木本:何歳になっても人間は変わりたいですからね。

伊能忠敬の真の目的は日本地図ではなかった

『ミライの授業』には14歳だけでなく、オトナにも参考になることがたくさん書かれている

瀧本:伊能忠敬という日本地図を初めて作った人がいます。あの人は地図が作りたかったわけではなくて、千葉の佐原という町で、商売に成功して隠居したのち、違うことやりたいと思って、江戸に出て地図を始めたんです。

木本:地図をいつか書くぞと思って育ってきたわけではない。

瀧本:違います。そもそも地図を書くというのもおまけなんです。本当の目的は別にあった。

木本:ええっ。そうなんですか。

瀧本:それはここでは秘密ということで、本を読んで下さい(笑)。

木本:うまいこと購買につなげようとしますね。僕もこの対談を中断して、先生の本を読みたいですもん。

瀧本:その本当の目的を果たすためには測量をする必要がある。しかし、本当の目的を前面に出してしまうと幕府がおカネを出してくれない。だから、ロシアの南下に対抗するために蝦夷地の正確な地図を作る、という目的にして許可を得ることに成功した。これは、伊能忠敬の師匠である高橋至時との共同作業でした。

木本:地図は本来の目的の副産物であったと。伊能さんはすごいですね。しかし、こういう偉人は特別だと思っている人が多いですよね。もうだいたいのモノは作られているから、今から自分が新しいモノを作り出すなんてできない、と考えがちです。

瀧本:そんなことはない。まだまだ新しいモノは作れますし、夢だってたくさんあるんです。

(構成:高杉公秀、撮影:今 祥雄)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT