私立大「財務力ランキング」ベスト30

半数近くの私立大が“赤字経営”

教育充実度が最も高い光産業創成大学院大学

次に、教育充実度。学生生徒等納付金(授業料収入など)に対する、教育関連支出(教員や職員などへの人件費+教育研究経費)の倍率で算出した。学生の側から財務的な視点で見れば、納めた授業料を大きく上回る教育支出をしてくれる大学は、教育が充実している可能性が高いととらえることができる。

ランキングの上位に入る大学の多くは、授業料以外の収入源を確保している。最も教育充実度が高かったのは、光産業創成大学院大学だ。浜松ホトニクスが中心となって設立した技術系の大学院大学で、寄付金のほか、政府からの補助金収入も多く、授業料の16倍も教育関連に支出している。トヨタ自動車が設立した豊田工業大学も、授業料収入の8倍近くを教育関連に支出し、4位に入っている。

次ページ5年間で最も成長
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。