都知事選びの「判断基準」、どこに置くべきか

政治家にとって「コミュ力」は重要な能力

誰に投票するか?今回は、選ぶ際のチェックシートを用意したので、参考にして欲しい

都知事選が佳境を迎えている。「投票したいと思う人がいない」とお嘆きの方も少なくないかもしれない。とはいえ、日本の首都、東京のリーダーを選ぶ選挙である。都民ならず、日本の多くの方が関心を寄せる今回の選挙を機に、「選ばれる政治家の条件」をコミュ力の観点から考えてみたい。

成功するコミュニケーションの3つの階層

この連載の一覧はこちら

リーダーに最も必要な資質はコミュ力。これは筆者の持論だ。コミュ力というと、ただ口がうまい人、パフォーマンスだけの人と言うイメージがあるが、それは全く違う。成功するコミュニケーションには3つの階層がある。

① インターナル・コミュ力=自分の頭の中のコミュニケーション。つまり言葉を使って考えをまとめる思考力や決断力もこれにあたる

フェイス・ツー・フェイス・コミュ力=1対1のコミュニケーション、仕事やプライベートなどでの対人関係マネジメント力

③ パブリックコミュ力=複数の人やグループに対するコミュニケーション。多くの人を束ねるリーダーシップ力などもこれにあたる

決断、説得、実行、指示、鼓舞。リーダーにとって必要なスキルすべてがコミュ力と言っていい。チャーチル、ケネディ、レーガン、オバマ。歴代の名リーダーは誰もがグレートコミュニケーターだった。リーダーとしての資質は、かなりの部分、コミュ力から推し量ることができるものだ。だから、だれに投票するか考えあぐねていらっしゃる皆さんには、候補者のコミュ力を重要な判断材料とすることをおススメしたい。そのコミュ力の中でも、①と②についてはなかなか実際にそばで見聞きすることは難しいが、③のパブリックコミュ力を観察するだけでもその人の資質はかなり見えてくる。

次ページ日本の政治家の演説に共通している特徴
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。