毒舌ジョンソン氏に英外交トップは務まるか

人種差別的な物言いなど問題発言を連発

 7月13日、長年にわたり多くの失言やスキャンダルで知られる、英国で最も派手な政治家であるボリス・ジョンソン氏(写真)が、テリーザ・メイ新首相のもとで外相に任命されたことは驚きを呼んだ。ロンドンで6月撮影(2016年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 13日 ロイター] - 長年にわたり多くの失言やスキャンダルで知られる、英国で最も派手な政治家であるボリス・ジョンソン氏が13日、テリーザ・メイ新首相のもとで外相に任命されたことは驚きを呼んだ。世界の外交に混乱をもたらしかねない人事である。

元ロンドン市長のジョンソン氏は閣僚経験がなく、およそ外交には不向きな言動で有名である。欧州連合(EU)離脱の是非を問う6月23日の国民投票に至る離脱キャンペーンの最重要人物でもあった。

人種差別的な物言いなど問題発言を連発

国民投票に向けた運動のなかでEUが掲げる目標をアドルフ・ヒトラーやナポレオンの野心に例えたような人物を外相に任命することは、欧州各国政府に驚きを与える可能性が高い。

ジョンソン氏は、EU離脱キャンペーンのなかで人種差別発言をしたとも批判されている。ある新聞記事で、オバマ米大統領を「ケニアの血が入っている」と表現し、「大英帝国に対する先祖伝来の嫌悪感」ゆえに反英的である、と評したためだ。

今回の外相任命を受け、米国務省はすぐにジョンソン氏との協力関係に期待していると発表した。だがジョンソン氏は、ワシントンでは居心地の悪い思いをする可能性もある。上述のオバマ大統領に対するコメントもあるが、2007年の記事ではヒラリー・クリントン氏のことを「精神病院のサディスティックな看護師」に例え、最近では「ドナルド・トランプに会う現実的なリスクがあるから」ニューヨークに行くのは怖い、と冗談を飛ばしている。

話題に事欠かないキャリアを重ねてきたジョンソン氏ではあるが、国政上最も重要な4つのポストの1つへの登用は新展開だ。ジョンソン氏は決まって「ボリス」と呼び捨てにされ、道化師めいた性格とボサボサの銀髪で英国内外に知られている。

ジョンソン氏は、当初ブリュッセルにおいてEUに批判的なジャーナリストとして勇名を馳せた後、保守党から政界入りする一方で、テレビのお笑い番組にレギュラー出演することで知名度を高めた。

次ページくじかれた夢
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT