分社化、新事業・・・エイチーム「次の一手」

東証1部へ最速上場を果たしたITベンチャーの課題

拠点のある名古屋、大阪だけで採用をしているわけではない。東京からのUターン組の獲得にも取り組んでいる。2月7日には秋葉原UDXビルで会社説明会を開催する。「その場で私が説明するのは、エイチームの経営理念。名古屋に戻りたいという人、名古屋出身ではなくても土地にこだわりを持たない人に、説明会に来てほしい」。

分社化も「検討課題」

規模拡大にあわせる形で、組織改編も検討しているところだ。昨年はマザーズ上場、東証一部上場とビッグイベントが続き、組織改変に手を付けることが難しかったが、今年はそうした”障害”がないためだ。

はやし・たかお
●1971年12月岐阜県土岐市出身。87年3月多治見市立多治見中学校卒業。学習塾経営などを経て97年に個人事業としてエイチームを創業。2000年2月に有限会社、2004年11月に株式会社へと組織を変えた。エイチームは2012年4月に東証マザーズ上場。11月には最短記録で東証一部へ昇格した

具体的に検討しているのは、分社化。「まずは、土日勤務があるライフサポート事業の営業職について分社化を検討している。将来的には、多くのグループ会社を持つサイバーエージェントのような組織形態を目指していきたい」。分社化には、林社長に集中している日常の決裁を分散する目的もある。さらに、次世代リーダーを育成する狙いもあるという。「社長をやったこともないナンバーツーが後継社長をやるのは難しいと思う。たくさんあるグループ会社の社長のうち、もっとも成果を上げた優秀な人が後継社長になるようにしたい」。

事業の多角化プランも練っている。「ソニー、パナソニック、シャープと比べて日立が堅調なのはインフラビジネスをやっているから。エイチームも、インフラをやっていこうと考えている。そうした支えがないと経営理念の『今から100年続く会社』を実現するのは難しい」。さらには、「すぐ婚navi」が持つ窓口拠点や企業向けの営業部隊など、オフラインの事業基盤を生かすことで、他社には真似をできないようなサービスの創造を目指している。「数人のベンチャーでもできるようなことをやっていては、勝ち残れない。エイチームの規模だからこそできる事業を生みだしていかなければ」。

ともあれ、下期投入のゲームでヒットを生み出せるかどうかが目先の焦点だ。大手ゲームソフトメーカーもこの分野で本気を出しており競争環境は激化する一方。そんな中でヒットを量産できれば、優秀な人材も集まりやすくなり、正のスパイラルが回り始めることは間違いない。それだけに、”ダークサマナーの次”が重要である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT