日本の観光は驚異的に成長できる

2020年、アジアの富裕層は3.5億人

また、富裕層の中には、日本の治安の良さや健康と長寿を育む環境などに惚れ込んで、日本に移住したい、あるいは別荘を持ちたいという人が数多く出てくる可能性があります。実際、日本で相続税がなくなれば、日本に移住したいという米国の大都市に住む富裕層が意外なほど多いのには驚かされます。

日本は治安の良さでは、間違いなく世界でナンバーワンです。夜間に皇居の周りを女性ランナーが走っていても、誰も危険だとは思わない国なのです。こんなことは、米国や欧州、その他のアジアの国々では、とても考えられません。特に銃規制が甘く、発砲事件が相次ぐ米国と比べれば、日本の犯罪発生率の低さは、富裕層にとって大きな魅力となっているのです。

日本人の健康と長寿も、海外の富裕層に日本をアピールする大きな武器となるでしょう。世界保健機関(WHO)によると、2011年の日本人の平均寿命は83歳で、世界で第1位です。これは、中国の74歳やインドの65歳と比べても、アジアでは断トツで長いのです。実は終戦後の今から60年前には、日本人は先進国の中で一番寿命が短かったのですが、食生活の向上と医療制度の発達により、今や日本人は世界屈指の健康で長生きする国民となりました。

この「健康・長寿の国」という事実も、観光に結びつけることができます。これは、次回に話す成長産業である「医療」の話でも詳しく述べますが、日本は医療ツーリズムをもっと積極的に売り込むべきだと思います。医療ツーリズムの先進国であるタイでは、年間100万人もの医療観光客を受け入れています。これに対して、日本は年間1万人程度と大きく水を開けられている状態です。

日本の医療設備は、世界で最も充実しています。たとえば、一人当たりの断層撮影装置(CT)の設置台数は、医療先進国と言われる米国の3倍にも上ります。ポテンシャルは十分に備わっているのです。要は、自らの強みを認識し、どう観光と結びつけていくかにかかっていると言えるでしょう。

次回は、成長産業の最後となる医療について述べたいと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。