「東大向き」と「ハーバード向き」の7つの違い

100人中98人は東大を選ぶ

「東大向き」か「ハーバード向き」かを見極める7つのポイントを、以下順に記してみよう。

(1)確率論で考えるか

まずハーバード向きの生徒はリスクテーカーである。ハーバードを受けたら6%しか受からない、東大を受けたら80%以上受かるというときに、ハーバードを選ぶ生徒はリスクを取れるということだ。東大とハーバードを併願し、それぞれの準備に時間を取られて両方とも落ちるリスクもある。

もし「ハーバードに進学したら、就職率はどれぐらいですか?」と聞いてくる生徒がいたら、私は東大を勧める。将来の保証や安定性で進路を判断する生徒はハーバードには向いていない。第2回でも述べたが、弁護士や国家公務員、医師になりたいなど、国家試験にかかわる将来のイメージが明確にある場合は東大向きである。

(2)学びたいことがあるか

ハーバードを選ぶ生徒は、リスクテーカーではあるが、“リスクを取るという感覚はない”。純粋にハーバードで学びたい、もしくはハーバードの先に自分がやりたいことがあって、それがすべての選択肢に優先するから選んでいるだけである。

これに対して、大学卒業後は「こういう職業に就きたい。こんな仕事をやってみたい」というキャリアに対する意識が強い場合は、卒業後のロールモデルが豊富で圧倒的な人脈がある東大が向いている。

(3)興味ある学問分野の幅はどうか

興味のある学問分野が文系と理系にまたがってしまうほど知的好奇心が溢れている生徒や、アートの領域にも関心が及ぶ生徒はハーバード向きである。米国トップ大を目指す生徒の多くが、知的好奇心が強く、興味のある学問分野が融合している場合が多い。18歳の段階で「この学部・学科に行く」と専攻を決め切っている生徒は、意外にもあまりいない。

(4)周囲を惹きつける魅力があるか

東大受験は、他者との対話がなくても机に向かい黙々と一人で受験勉強を進めることができる。だが、米国トップ大は、願書作成の過程で、先生や親、課外活動の支援者など、多くの関係者と願書を作り上げていかなければいけない。社交的で、人を巻き込むのがうまい生徒はハーバード向きだ。ハーバード合格者は、しなやかさとしたたかさを持ちあわせており、甘え上手でお願い上手、人が思わず応援したくなるチャーミングさがある。

次ページ東大は修行、ハーバードは創作活動
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT