孫社長の後継者「アローラ電撃退任」を追う

匿名投資家による疑惑の指摘は主に7項目

ニケシュ氏のツイートによれば、転職先は決まっておらず、余裕を持って次の職を探すという。つまり、急いでやめる理由はなかった。7月にはソフトバンクの顧問に就任したが、これはインドのある投資先の面倒を見るためだけだ。

孫社長は「ニケシュほどの人物を待たせるわけにはいかない」と主張したが、転職先が決まっていないのであれば、顧問より責任のある職に就ける選択肢も十分にあったはずだ。

これで「一件落着」とはいかない?

ニケシュ氏は「クリーンチット(インドの無罪証明書)をもらった。次に行く時だ」ともツイートしている。ということは、社長就任が数年先に遠のいたことが判明した3月の新会社設立時点で辞意は固まっていたが、特別調査委員会の調査が完了するまで待ったのだろうか。さらに、「お粗末な投資成績」「実績がないのに報酬が高額すぎる」という書簡の批判を気にしていて、6月に保有株売却を行ったのかもしれない。

「週刊東洋経済7月9日号」(7月4日発売)では、今回ソフトバンクに起こった異変を20ページにわたり緊急レポート。巻頭特集は「子なしの真実」。画像をクリックするとAmazonの販売ページにジャンプします

このうち、アリババ株は9カ月前から計画していたというから当てはまらなさそうだが、退任当日のスーパーセル株売却はまさに投資成績の高さを示したものだった。

6月30日には米証券取引委員会(SEC)がニケシュ氏を調査している、との米メディアの報道がなされている。この調査のきっかけも上記の書簡だという。どうやらニケシュ氏の退任で一件落着というわけにはいかなさそうだ。

今回、孫社長やニケシュ氏が株主総会で言ったこと・言わなかったこと、退任発表当夜のニケシュ氏のツイッター、匿名投資家からの書簡の全訳など「週刊東洋経済7月9日号」(7月4日発売)ではさまざまな資料を読み解き、電撃退任の真相に迫っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT