孫社長の後継者「アローラ電撃退任」を追う

匿名投資家による疑惑の指摘は主に7項目

書簡が指摘した主な疑惑は以下のとおりだ。

1 シルバーレイク・パートナーズというハイテク銘柄に特化した投資ファンドのシニア・アドバイザーをニケシュ氏が兼任していることは、ソフトバンクに対して利益相反に当たる。

2 2015年1月に、アリババのインサイダー情報を得て、シルバーレイクが保有アリババ株の45%を売却していたのはインサイダー取引に当たる。

3 ドラマフィーバー(動画配信)やインドのハウジングドットコム(不動産サイト)への投資は成果が出ていないが、ニケシュ氏が事前調査を怠ったのではないか。

4 インドのEC大手スナップディールに二度の出資をしているが、2回目は資金需要がないとスナップディールのCEOが明言しているのにも関わらず強行した。

5 インド企業への投資で助言していたアロック・サマ氏に、半年間で600万ドルの報酬をニケシュ氏は払っているが、払いすぎでないか。

6 実績のないニケシュ氏に2014年度に165億円もの報酬を支払ったのは、ソフトバンク株主に説明がつかない。

7 高額報酬が明るみになると、ニケシュ氏は600億円のソフトバンク株を購入すると公表したが、ニケシュ氏に自腹で買うだけの資金力はなかった。ソフトバンクが債務保証をし、融資でニケシュ氏は購入したに違いないが、その点についてのソフトバンクの情報開示は十分でない。

孫社長は質問を無視

調査委員会は6月20日に「評価に値しないものだった」と結論のみを発表。どんな調査が行われたかなどの具体的内容は明らかにしていない。ニケシュ氏の退任発表はこの翌日だった。会社側は「退任と調査は関係ない」としている。

株主総会の孫社長。調査報告書に関する質問に、正面から答えることはなかった(撮影:今井康一)

退任発表の当夜、ニケシュ氏はSNS「ツイッター」へ大量に投稿。この夜は3時間で117件も書き込んだ。その中で「マサとは今でも互いに愛し合っている」と仲のよさを強調していた。

翌日の株主総会で「調査結果を公表すべきではないか」と株主に問われた孫社長はこの質問に答えず、無視した。また、株主に聞かれていないにもかかわらず、高額報酬への批判に対して先手を打つ形で「グーグルにいたら同じくらいもらっていた。ストックオプション分を支払ったのだ」と必死に弁明していた。

次ページまだ一件落着ではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT