百貨店4社、6月売上高は全社マイナスだった 

富裕層消費の減速が直撃

 7月1日、大手百貨店が発表した6月の売上高速報は、4社そろって前年比減少した。年初からの株安が影響し、富裕層の消費が減速。2015年8月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 1日 ロイター] - 大手百貨店が1日に発表した6月の売上高速報は、4社そろって前年比減少した。年初からの株安が影響し、富裕層の消費が減速。訪日外国人の免税売上高も減少している。

大丸・松坂屋を運営するJ.フロント リテイリング<3086.T>は前年同月比6.9%減、三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>は同4.4%減、高島屋<8233.T>は同2.5%減、そごう・西武は同3.4%減となった。Jフロントは、建て替え中の心斎橋本館を除けば4.0%減だった。

免税売上高については、客数は増加しているものの、ラグジュアリーブランド商品から化粧品などへと購入対象が変化していることなどから、客単価の下落が続いている。加えて、年初からの株安が時間を経て影響度合いを強めており「富裕層中心の国内消費が鈍い」(高島屋)との指摘も聞かれた。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。