百貨店4社、6月売上高は全社マイナスだった 

富裕層消費の減速が直撃

 7月1日、大手百貨店が発表した6月の売上高速報は、4社そろって前年比減少した。年初からの株安が影響し、富裕層の消費が減速。2015年8月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 1日 ロイター] - 大手百貨店が1日に発表した6月の売上高速報は、4社そろって前年比減少した。年初からの株安が影響し、富裕層の消費が減速。訪日外国人の免税売上高も減少している。

大丸・松坂屋を運営するJ.フロント リテイリング<3086.T>は前年同月比6.9%減、三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>は同4.4%減、高島屋<8233.T>は同2.5%減、そごう・西武は同3.4%減となった。Jフロントは、建て替え中の心斎橋本館を除けば4.0%減だった。

免税売上高については、客数は増加しているものの、ラグジュアリーブランド商品から化粧品などへと購入対象が変化していることなどから、客単価の下落が続いている。加えて、年初からの株安が時間を経て影響度合いを強めており「富裕層中心の国内消費が鈍い」(高島屋)との指摘も聞かれた。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。