北朝鮮の金正恩氏が「国務委員長」就任、最高人民会議で国防委改編

朝鮮労働党委員長と兼務

 6月30日、北朝鮮の最高人民会議は、憲法を修正して国防委員会を「国務委員会」に改編したうえで、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「国務委員長」に就任する人事を決めた。写真は平壌で5月撮影(2016年 ロイター/Damir Sagolj/File Photo)

[ソウル 30日 ロイター] - 北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)は29日、憲法を修正して国防委員会を「国務委員会」に改編したうえで、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「国務委員長」に就任する人事を決めた。国営メディアが30日に伝えた。

最高人民会議には正恩氏も出席した。会議は1年に1─2回開かれ、朝鮮労働党が決めた予算や政策を正式に承認する。

正恩氏の父である故金正日(キム・ジョンイル)総書記は国防委員会を利用して権威を誇示していた。

国営メディアが伝えた新設の国務委員会の名簿によると、軍人以外の起用が目立っている。

29日の最高人民会議は、5月に開かれた朝鮮労働党大会で示された政策目標を実行するために招集された。

*内容を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。