ユニクロ、厳冬で一段の躍進

ヒートテック、ウルトラライトダウンがヒット

ユニクロの好調は続くのか。

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが1月10日に発表した2012年9~11月期(第1四半期)決算は売上高3181億円(前年同期比16.7%増)、営業利益566億円(同16.9%増)と好調な滑り出しとなった。

国内で冬用商材の販売が好調だったことに加え、中国・韓国など海外ユニクロの売上が想定以上に伸び、13年8月期通期業績見通しも上方修正した。

ユニクロは今秋冬の戦略商品として保温効果のある機能性肌着「ヒートテック」や軽量ダウン「ウルトラライトダウン」など高機能な冬用商材の拡販を掲げていた。ヒートテック10周年となる今13年8月期は東レとの共同記者会見も大々的に行い、新たに吸放湿機能の追加や色柄数を倍増させるなどの改良をPR。それぞれ世界で年間1億3000万枚、1300万枚販売するという高い目標を自ら設定していたほどだ。

金曜日と月曜日にもセール展開

また、これまで毎週土日限定で展開してきたセールを、12年秋から金・土・日・月曜日と平日も挟み込み3~4日間にわたって機動的に展開。同時に特定商品のキャンペーン販売を積極的に展開することで、「フリース」や「暖パン」なども含む防寒用の冬用商材の売り上げを拡大してきた。値引きを伴うキャンペーンで粗利率は前年同期比0.8%悪化、客単価も減少したが、それ以上に来店客数が大幅に増加した。

次ページ上方修正要因は海外だけ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT