ロンドン地下鉄の「廃駅探険ツアー」は超レア

大英帝国が誇る100年超の鉄道遺産を活かす

もう一つが、廃駅となった地下鉄駅の探検ツアーだ。長いロンドン地下鉄の歴史の中では、廃止となって使われなくなった駅がいくつかあり、遺構としてそのままの状態となっているものも多い。ロンドン交通局では、これらをガイド付きで探検するツアーを年に数度だけ行っているが、これが大変な人気イベントで、予約開始後に即完売のこともある。

画像を拡大
1994年に廃止されたオルドウィッチ駅。探険ツアーで見ることができる

筆者も廃駅ツアーの申し込みでは何度か涙を呑んだが、2016年2月、旧オルドウィッチ(Aldwych)駅見学ツアーのチケットを何とか入手し参加した。

今回、チケットを入手できたのは先行予約のお陰で、こうした特別なイベントは、博物館の無料案内メールに登録しておくと、イベントの一般予約受付開始前日に、先行予約を受けることができる特典があるのだ。

「禁断の扉」の中へ

今回見学したオルドウィッチ駅は、現在のピカデリー線ホルボーン駅から分岐し、テムズ川を潜ってウォータールー駅へ至るルートとして、当時の政府が建設を決定、1907年にストランド駅として開業し、1915年にオルドウィッチへ改称した。

開業当時は複線を有し、本線格の路線であったことが伺えるが、結局延長する計画は立ち消え、その後ピカデリー線は西へ路線を延ばし、コベントガーデンやピカデリーサーカスなどの繁華街へ抜けていくルートとなった。残ったオルドウィッチ駅は支線の終点となり、1917年には1線を撤去して単線でホルボーン駅との一駅間を折り返し運行した。しかし利用客の減少により、ついに1994年に廃止された。

見学当日、集合場所のオルドウィッチ駅前へ行くと、まず名前をチェックされ、免許証やパスポートなど身分証明書の確認もされる。一度購入した場合、転売ができないシステムになっているのだ。一回の見学は約1時間で、だいたい30人程度で回る。いよいよ禁断の扉が開かれ中へ入ると、昔のチケットホールや改札は思いの外、そのままの状態で保存されており、きれいにメンテナンスされていることがわかる。

次ページ廃止当時のまま眠る地下駅
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT