軽の絶好調を喜べない、ホンダの苦戦

ドル箱「フィット」が補助金切れで一気に失速

もっとも今年は秋にフィットのフルモデルチェンジを予定しており、これには新開発のハイブリッドエンジンを搭載し、アクア以上のカタログ燃費を目論んでいる。現状、トヨタに大きく見劣りするハイブリッドエンジンで追い上げを図る。「今年は新型フィットの投入で軽と登録車のバランスが取れてくる」と伊東孝紳社長は言う。

新型フィット登場までは苦戦続くか

ただ、逆に言えば新型フィットが登場する秋までは、登録車の販売が大きく盛り返す材料には乏しい。

日本市場では今後も軽のウエイトが高まると予想されるとはいうものの、登録車での存在感が薄れれば、クルマメーカーとしてのブランドイメージの低下にもつながりかねない。リーマンショック以降、戦線縮小中の大型車・高級車を含めて登録車の頑張りも求められるところだ。

(タイトル下の写真はホンダ鈴鹿工場のフィット生産ラインで2011年3月時点、撮影:大塚 一仁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT