百貨店とアパレル「不合理な商慣習」の正体

委託販売はなぜ重宝されてきたのか

当初は百貨店とメーカー側の持ちつ持たれつの関係だった仕組みも、いつしか百貨店側に大きく有利な取引形態になり、メーカー側にとっては、特にその納入手数料(値入率、歩率という呼称)が大きな負担になっていきます。

メーカー側はSPAという形態へ

メーカー側は自らが店舗を構えて販売まで手がけるSPA(製造小売業・1986年GAPが提唱した概念)という形態をとるようになりました。代表例は「ユニクロ」「G.U」を運営するファーストリテイリングでしょう。そして、いつしか百貨店一辺倒からショッピングセンター、ショッピングモールという商業施設への出店や路面への出店に活路を見いだすようになります。そういう意味では、経産省が今さら唱える「アパレル企業の直接販売などへの見直しも促す」などという流れは、すでに30年ほど前から始まっていたとも言えます。

また新興の有力な「駅ビルブランド」と呼ばれるアパレルメーカー、たとえば、「アースミュージック&エコロジー」(ストライプインターナショナル=旧クロスカンパニー)、「ローリーズファーム」(アダストリア)「ナノユニバース」(ナノユニバース)、セシルマクビー(ジャパンイマジネーション)などにとっては、はなから百貨店への出店は効率面でもブランディング面でも魅力に欠けているという判断で、ごく一部の百貨店を除いては積極的な出店はしていません。

駅ビルブランドは、今の時代に即したEC(電子商取引)への取り組みも積極的です。したがって、今の百貨店では品ぞろえの中には組み込むことができず、結果的に百貨店は若い世代を呼び込むことができないまま、なんとかアダルトやシニアといわれる世代にギリギリ支えられているというのが全国的な傾向です。

アパレルの観点でいえば、その昔は「なんでもそろっているから百貨店」であった業態が、今では「なんでもありそうでいて、欲しいものが何もない」業態になってしまっています。ただの場所貸し業とさえ揶揄されてしまっている業態には未来が見えてきません。そのために新興ブランドが参入したくなるような取引形態を構築しなおし、それを機に自主編集力を高め、過去のメーカーと百貨店だけの取引だけでなく、顧客を中心に据えた取引構造の構築を望んでやみません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT